FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミコちゃんの部屋02

過日、4月29日 歌舞伎座が建てかえのために閉場しました。

あのすばらしくどっしりとした建物がどんなものに変わるのか、とても不安ですね。

最終公演まで満員で皆さんが名残惜しんだそうです。

日本に残っている伝統芸能といえば、歌舞伎、文楽、講談、浪曲、落語、そして能などが思い浮かびます。

世界中にも古くから伝わる伝統芸能がありますが、そのままの型で今に伝えられているものは、そう多くはないようです。

日本の伝統芸能の中で一番古いのが能であり、室町時代に完成されたものだそうです。

ですから、能は600年以上も一度も途絶えることなく伝承されてきています。

無形世界遺産としても登録されています。

これは、徳川時代の300年間、武士のための正式な芸能として、幕府によって保護され、伝承されて来たからだといわれています。

江戸時代には、すべての武士は皆、能を学び、能を修練したようです。

と同時に、江戸時代、能は武士以外の階級の人にとっては縁の薄いものになってしまったのです。

武士による武士だけの芸能、民衆には関係のない遠くにある存在でした。

武士は、強靭な身体性と高い精神性を求められたので、この身体性と精神性を養うための神聖な芸能として伝えられて来ました。

江戸時代も終わり、文明開化の明治になってようやく一般に開放されました。

しかし、万人に開かれた現代でも一般には取り付きにくいものとなりました。

能の世界では、六十歳でやっと中堅、七十歳で当然、八十歳でも現役で踊っているそうです。

能面を付けると視界はほんの少しで、顔面にぴったりとくっつくので呼吸の自由も奪われるのだそうです。

重い衣装をつけて大きな声で発声しながら舞わなければなりません。

その体力は驚くべきものであり修練の賜物です。

体のバランスと深層筋の働きが大切です。

コア意識を持つこと。

コアの筋肉群によって生み出される姿勢、動き、発声、これで能楽師は高齢になっても現役を続けられるといわれています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

米谷美津子

米谷美津子

駒沢診療所の所長。現役医師。
駒沢ウェルネスセンターや、駒沢健康クラブなどの施設・団体も運営している。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

関連サイト

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブログランキング

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。